calipero memo

メモ

April 18, 2014 at 9:41am
279,807 notes
Reblogged from comadolls

(Source: comadolls, via qawsklp)

April 15, 2014 at 12:42pm
416 notes
Reblogged from gkojax

今年からデブ仲間を「カロリーメイト」 と呼ぶことにします。

— 意識の高いデブ達の名言集:ダイエット速報@2ちゃんねる (via gkojax)

(via kotoripiyopiyo)

April 14, 2014 at 7:34pm
3,305 notes
Reblogged from prostheticknowledge

prostheticknowledge:

Bear On Stairs

Stop-motion looping animation by DBLG uses 3D printing to create models for each frame of a bear climbing stairs - video embedded below:

DBLG’s in-house studio projects are a platform for us to experiment with creative ideas and above all have fun. For The Stairs Project we wanted to explore the use of stop frame animation with 3D printing.

More at DBLG here

(via petapeta)

12:54pm
13 notes
Reblogged from petapeta

1930年代後半、当時アメリカでアニメーション(カートゥーン)の分野では、ウォルト・ディズニー・カンパニーが人気面で先頭を走っており、他の映画会社が負けじとカートゥーンを手掛けはじめていた。MGMも例外ではなく、新しいカートゥーンを創るべく、ウィリアム・ハンナ、ジョセフ・バーベラの2人のアニメーターに製作を依頼した。当初、この猫と鼠の追い掛けっこをモチーフにしたカートゥーンは、現場サイドでの評判は決して良くなかったと言われている。

1940年に第1作目「上には上がある (Puss Gets the Boot) 」をアメリカで公開。公開当時、”TOM and JERRY”というタイトルは付けられておらず、トムは別名の「ジャスパー (Jasper)」、ジェリーは「ジンクス (Jinx)」という名前だった。製作も、お馴染みのハンナ=バーベラの2人の連名ではなく、ルドルフ・アイジング (Rudolf Ising) という、全く別の製作者の名前が冒頭で公開されていた。しかしいざ公開すると、この作品の人気が瞬く間に上昇し、ハンナ=バーベラの2人のアニメーターの名をアメリカ中に轟かせる結果となった。


もともとトムとジェリーは、新聞の4コマ漫画や風刺漫画のような、大人向けのコミカルな風刺物の劇場用短編作品として公開されていた。アメリカでテレビ放送が開始されたのは1941年であり、放送開始後もしばらくは裕福な家庭しかテレビは所持できなかった。従って当時はアメリカに限った話ではなく、映画館では典型的な娯楽映画以外にもニュース映画などの、現在ではテレビ番組として放送される内容も映画館で上映されており、これらの上映時のフィルムの架け替えの時間を埋める作品として製作された。1話の時間10分弱程度と短い(1カートン)のはそのためである。日本ではテレビ用に映画版のフィルムであったものに台詞を吹き替え解説を入れたりして毎週(再放送では毎日も)放送されたテレビアニメシリーズとしたものが最も良く知られているが、本来はMGM系の劇場用長編映画の添え物として作られており,年に数本の不定期製作であった。 従って、公開年次と内容をよく観察すると、作品一つ一つにその当時の社会風俗の描写、あるいは社会風刺が入っている。また制作された時代にヒットしていた実写映画のオマージュやパロディ作品もある。

風刺には、大都会へ上京したジェリーが、結局は都会に馴染めずに郊外の田舎に戻るといった分かりやすい物から(注:これは本来イソップ物語の説話のパロディ)、感謝祭のごちそうをめぐって、インディアンの扮装をしたトムが、入植した英国人に扮したジェリーと争った末で白旗を揚げる話、閑静な住宅街に住む黒人女性のお手伝いさん(日本語版のナレーションより)が飼い主として描写されているエピソードといった、現代の視点では一見気づきにくいが、実は微妙な描写まで様々である。

そもそも、タイトルの「トムとジェリー」自体が、アメリカ(あるいはイギリス)とドイツの当時の俗称である(トムとジェリー (曖昧さ回避)も参照のこと)。日本の視聴者にもわかりやすい事例としては、ハンナ=バーベラ第2期ではロッキード事件を風刺したセリフがある。なお、戦時中の作品「勝利は我に」では、これとは逆にジェリーがアメリカ兵、トムがドイツ兵に扮してかなり容赦ない「戦争」をした。

現代では、アメリカでも、普通のスラップスティックなアニメとして鑑賞されることも多いが、ある程度の年配者やアメリカの社会風俗を学んでいる人に対して、トムとジェリーを幼年向けのアニメ文化という前提で話すと困惑されることもある。

— トムとジェリー - Wikipedia (via petapeta)

(via petapeta)

12:50pm
3,011 notes
Reblogged from ag107

763 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2010/10/17(日) 11:40:18 ID:Bnoh1c3e
ジャップもジャパニーズを短くしただけですがOKですか?


785 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 15:34:02 ID:TN+3YFpY
»763
それがアウトだったらコッチが米人とか訳すのも無礼に当たるのだろうか。異文化の感覚はよくわからんよな
特に日本語だと長い単語を四文字に短縮することが多くないか?


792 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 19:06:59 ID:sQB3wMQh
»785
これは日本語と英語の違いをまず理解しなければ、分からないだろうな。
すまんが、ちょっと長いよ。

英語では、単語の長さに関する感覚は、シラブル(=音節)数に依存する。
文字数ではない。シラブル1個が日本語のカナ1文字に相当する。
Japan なら、Ja/pan で2シラブル、日本語でカナ2文字に相当する。
get, have, push, like, love, this, it, I, you, he, her なら、1シラブル、カナ1文字相当。
英語には日常で多用する単語の多くは1シラブルで表現可能。
凄くないか? 日本語でいうなら、「あ」、「か」1音で日常使う動詞、名詞、代名詞とかを
表現できるってこと。日本語では不可能。
英語では、もともと短いシラブルで単語を表現可能。シラブルの種類は3000~5000もあると
言われている。だから、たった1シラブルで少なくとも3000個の単語を作れる。
日本語はどうかと言うと、日本語のカナが日本語でのシラブルだ。50音+αで
200種類のシラブルが日本語に存在すると言われている。

つまり、1つのシラブルが表現できる組み合わせは、日本語では最大で200個程度。
じゃ、日常的に使う単語を表現するためには、単語の数を超えるシラブルの組み合わせが必要。当然だよね。
日常的に2000語を使うのなら、シラブルを組み合わせて、組み合わせ数を2000以上にする
必要がある。だから、日本語では、日常的に使う単語でさえ、カナで2文字~6文字程度も必要。
つまり、2シラブル~6シラブル程度必要。長いんだよ。カナ1文字の名詞、動詞、形容詞は
日本語では殆ど無い。
一方、英語はシラブルの種類が3000以上あるから、たった1シラブルで日常語を表現可能。


793 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 19:09:38 ID:sQB3wMQh
従って、日本語では、日常語でさえ長いので、短くするのが当たり前であり、短くすることによって
意味は変わらない。
外国車も外車も意味は変わらない。小学校生徒も小学生も意味は変わらない。
日本語では、短くすることによって少し口語的になるだけだ。
だが、省略バージョンの単語も使用頻度が高いと正式文章で使える単語になる。「小学生」、「大学生」は
公式文章でも使えるだろ?

英語では、もともと単語のシラブル数は短いので、短くする必要性が無い。
JapanをJapに短くする必要性がない。もともとたった2シラブルの短い単語なのだから。
そこで短くすることによって、英語では相手を軽んずる、つまり軽蔑語になる。

だから、外人どもが言う「外人という言葉は差別用語です」というのは、
英語の言語感覚で日本語の単語を非難するという馬鹿げた話なのです。
日本語には、短くする = 侮蔑、嘲笑する という機能がないのに。
だから、外人が「外人」という単語について文句を言っていたら、大いに反論して下さい。
というのは、外人さんのこの感覚を利用して、日本人は差別社会だと印象づけようとしている
勢力が存在するのです。TV、タレント、議員、そこらじゅうにいる。反論して下さい。

— 小日本とか侮蔑する様な言葉は各国、各言語であるの? : 2chコピペ保存道場 (via ag107)

(via hawelka)

12:45pm
393 notes
Reblogged from mayumiura

死ぬことなんか容易い
生きたままこれを見なければならぬ
よく見ておけ
地獄はここだ
遠いところにあるわけではない
ここなのだ 君だって行けるところなのだ

— 書評 多田富雄著「寡黙な巨人」を読む (via mayumiura)

2011-01-05

(via gkojay)

(via kii0329)

April 11, 2014 at 10:04am
824 notes
Reblogged from akimbd

一日って、5,184,000フレームしか無い。  1フレ1フレが大事。

— Twitter / k_two (via akimbd)

(via kii0329)

9:59am
1,249 notes
Reblogged from mffl-emm

私は冷静なものが好きです。
冷静で、明晰で、しずかで、あかるくて
絶望しているものが好きです。

— (via xomorickyxo)

(Source: mffl-emm, via kii0329)

9:43am
842 notes
Reblogged from takesimm

加齢臭と古本の匂いは、同じ成分であると聞いて、びっくりする。

— 川上弘美:東京日記 : 経費節減。 (via takesimm)

(via gkojax)

9:42am
729 notes
Reblogged from boooook

写真てさ、みんな笑うじゃない。クラス写真だって、職場写真だって、
とりあえず反射的にカメラを見たら笑う。アルバムは笑顔でいっぱいだ。
そういう写真ばっかり見てると、だんだん記憶が改竄されていくんだよね。
その当時、その集団が本当に和気藹々としていたかのような錯覚に陥っていく。
実際は、ぎくしゃくしていたり、いじめられてたり、愛憎渦巻いていたりするのに

— 「 木洩れ日に泳ぐ魚」 恩田陸 (via boooook) (via tsuzuking) (via marytan) (via suzukichiyo) (via pinto) (via biccchi) (via nopnop) (via iro) (via sai75) (via otsune) (via quote-over100notes-jp) (via gkojax)